産業医科大学 産婦人科学
産業医科大学 産婦人科学

婦人科 すべての女性の健康をトータルサポート
婦人科
すべての女性の健康をトータルサポート

産業医科大学 婦人科について
産業医科大学 婦人科について

北九州市における婦人科内視鏡手術の
中心的役割を果たしています

 当婦人科は、婦人科悪性腫瘍の診断、治療を主として診療を行っております。
福岡県における細胞診の中心的役割を果たしており、細胞診指導医(日本臨床細胞学会が認定した細胞診専門医)は蜂須賀、松浦、川越、ト部の4人の医師で、毎月病理部の細胞検査士と症例検討会を行い、その他、「北九州婦人科腫瘍懇談会」の事務局として、北九州全域の婦人科悪性腫瘍の登録や学術集会の開催も行っています。
 また、北九州市における婦人科内視鏡手術の中心的役割を果たしており、九州産婦人科内視鏡手術研究会の事務局が当科におかれています。

年間約100例の治療実績

 子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍が診療の中心であり、年間約100例の診断、治療を行っています。悪性腫瘍の管理にあたっては取り扱い指針を作成し、これを基に質の高い診療を実施。また、放射線治療の診療の質を高めるために、毎週、放射線治療医や診断医と共に症例検討会(放射線合同カンファレンス)を行い、治療方針を決定しています。
 腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術に関しては内視鏡技術認定医である蜂須賀を中心として、良性疾患(良性卵巣腫瘍、子宮筋腫など)異所性妊娠、子宮内膜ポリープなど対象に積極的に行っています。2012年11月より、子宮体癌に対する腹腔鏡下手術を行っています。
 女性骨盤臓器脱(性器脱)に関しては、子宮を取らない手術を適応に従って行い十分な実績を上げています。
平成25年より女性骨盤臓器脱治療を中心で行っていた吉村医師は、産業医科大学若松病院で診療をおこなっています。この分野でお悩みの方はぜひ産業医科大学若松病院への受診をお願い申し上げます。

大きく分けて3つの分野

子宮がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍を取り扱う
●腫瘍の分野

不妊症などを取り扱う
●生殖内分泌の分野

更年期障害などを取り扱う
●女性のヘルスケアの分野

受診について

毎週火・木曜日が婦人科初診受付日です 診療案内
担当医案内

平成24年度 婦人科診療実績(入院)
平成27年度 婦人科診療実績(入院)

婦人科手術件数
547件

婦人科開腹手術
218件
腹腔鏡下手術
167件
腟式手術
├ 円錐切除(70件)
└ その他(14件)
84件
子宮鏡下手術 
66件
外陰手術
7件
その他
3件

※2015年4月~2016年3月まで

腹腔鏡下手術 167件
卵巣腫瘍摘出術
59件
付属器切除術
38件
腹腔鏡下子宮全摘出術
21件
早期子宮体癌に対する
腹腔鏡下手術
5件
早期子宮頸癌に対する
腹腔鏡下手術
1件
子宮筋腫核出術
19件
異所性妊娠手術
19件
その他
5件

※2015年4月~2016年3月まで

婦人科悪性腫瘍196例
子宮頸癌
27例
CINⅢ
77例
子宮体癌
48例
卵巣癌・卵管癌・腹膜癌
33例
外陰癌
5例
その他
5例

※2015年1月~2015年12月まで


病気と手術の説明
病気と手術の説明

ページの上へ