産業医科大学 産婦人科学
産業医科大学 産婦人科学

医局の窓
医局の窓

2019/03/02

【vol.5】 テーマ「楽しく!!」


後期修練医 藤本 茂樹

  産婦人科医として2年目の日々を送っています。
産婦人科といえば、「仕事ばっかりで全然自分の時間ないでしょ?」、「いや?緊急で呼び出されるとかめっちゃ大変やん!!」・・・イメージはこんな感じです。
確かに忙しいこと、急に仕事が舞い込んでくることもありますが、それだけではないんです。
  春には医局の歓迎会、夏にはBBQ、冬には忘年会に医局旅行!合間を縫ってイベントが開催されてます。夏休みと冬休みがもらえるので、旅行に行ったりもします。
また、個人的には上司、同期、後輩と不定期に(頻回に!?笑)飲み会を開催しています!ここで飲みニュケーションしています!
  日々の業務でも、1 Day, 10 Smileをモットーに、自分はもちろんのこと、他の先生を笑わせることを生き甲斐にしています!(もちろん、仕事も全力で頑張ってます!!笑)
  笑顔を大切に、周りの人達と楽しく仕事をしていきたいなって思います。
せっかく働くなら、楽しく働こう!!の精神でやっていきます!



飲みミュケーション?



【vol.5】 テーマ「若松病院の愉快な仲間たち」


  8月から2ヶ月間、産業医科大学若松病院で研修をしています。
せっかくなので若松病院の愉快な先生方を紹介します。
若松病院産婦人科のボスといえば、「よっぴー」こと吉村和晃先生です。
吉村先生は、知識・技術ともに超一流の頼れるボスです。
さらには、会話の至る所に超一級品のボケを散りばめ、僕たちの対応力を養います。今や僕の対応力は若手の中でも随一です。

  吉村先生の右腕として君臨するのは茗荷舞先生。通称「マイコロ」。
茗荷先生は、いつも明るく楽しく笑顔!!元気印のママさん先生です。
一人でマイコロ新喜劇をされています。もちろん患者さんからの信頼は絶大で、リピーター続出しています。

  同じく左腕として輝いているのは、アイドル「とも蔵」こと庄とも子先生。
庄先生は、いつもキラキラ、笑顔もキラキラ、性格もキラキラの3拍子揃った先生です。おっとりした口調で、患者さんをメロメロにします(ちょっと褒めすぎました)。でも手術になると鋭い眼差しでバリバリ手術をされています。

  吉村先生の不動の右脇は、「ダイスケ」こと中島大輔先生です。
いつも話を聞いてくれる良き兄貴的な存在です。困っている人がいると気になって仕方ないという性格の持ち主です。得意分野は傾聴・共感です笑
患者さんに対してもいつも穏やかで日々患者さんの心を癒しています。現在腹腔鏡手術研鑽中!!

  吉村先生の左脇を固めているのは、「ひーちゃん」こと中川瞳先生。
一見物静かなイメージがありますが、実はアグレッシブで、膨大な仕事を素早くこなすツワモノです。
美食家であり、日々美味しいものを探求しています。美食が祟り、お腹を壊す事もあります笑

若松病院からは以上です!!


2列目左より 中島先生、茗荷先生、吉村先生、庄先生、中川先生
1列目 藤本です。



ページの上へ